仮想通貨を利用した詐欺未遂に遭いました。皆様も気を付けてください

こんにちは、コウです。



最近はビットコインの価格上昇で、仮想通貨のバブル再来と話題になっていますね。

私も以前取引をしていたので、無意識に情報が目に入ってしまいます。

今回はひとつ注意喚起をさせてください。

今回は、仮想通貨を利用したネットワークビジネスの詐欺未遂に遭った話です。皆様も気を付けてください。

久し振りに、人間の悪の部分を見ました。

(2021/1/30追記 この話はその後に大失敗していました。その記事はこちら→以前勧誘された「仮想通貨ネットワークビジネス」が大失敗していました)

突然知人から連絡があった

一週間ほど前に男性の知人から電話がありました。

その知人とはそんなに仲が良い関係ではありませんが、信用していた人でした。

その内容は、

知人「Coineal(コインニール)という仮想通貨取引所のマイニング使用権を買わないか?儲かるよ。」

という誘いの話でした。

(本記事と関係ないので、コインニールやマイニング等の説明は省きます。)

私はその話に興味を持ち、購入する意思を告げると、

知人「直接会って話したい」

とのこと。

私「いやいや、今の世の中はネットで調べれば何でも分かるし、サイトのURLだけ送ってくれたら自分で買うよ。
直接会いたいとか、俺のこと好きなん?」

と心の中でツッコミをいれて、もう完全に知人を疑っていました。

とりあえず会う約束をして電話を切ることに。

後日、丁寧にお断りしました。




すぐにGoogleで検索しました

Googleさんに聞いたらすぐに教えてくれました。

簡単に説明すると、

紹介した人が購入すれば、その購入代金の15%を貰えるシステムでした。

そのためには購入するときに「紹介者コード」を入力してもらう必要がある。

だから直接会いたかったんですね。

この「15%を貰えるシステム」の詳細を全て私に話すべきでした。

後から発覚すると信用度ゼロです。

私には6万円の商品を勧めてきたので、知人は約1万円貰えます。

知人も悪いことをしてる自覚があったので、黙ってたんだと思います。


仮想通貨の名前を利用したネットワークビジネス

Coineal(コインニール)という取引所や、この「マイニング使用権を売る」というサービスは全く問題ありません。

儲かるかは知りませんが。

でも知人がやっていることは、無知な人を騙す悪質なネットワークビジネスです。

本質の部分を隠してる時点でアウト。

今話題の仮想通貨という言葉を利用して、身近な人から直接お金を搾取しようとしています。

そもそも日本ではネットワークビジネスで稼ぐのは難しいので、効率が悪すぎると思いますけどね。


リスクが高い

もし仮想通貨に興味があるなら、取引所で仮想通貨を買ってください。

現状は仮想通貨についての法規制が整っていないので、購入以外の選択肢はリスクが高すぎます。

海外では「仮想通貨を発行するためにお金を集めてそのまま逃亡」等の事件が多発しています。


仮想通貨自体は素晴らしいものです

誤解がないように言っておきますが、仮想通貨自体は素晴らしいものです。

正確にいうと仮想通貨を作っている「ブロックチェーン」という技術。

この技術を利用すれば、手数料が安くて素早く世界中に送金できたり、

クレジットカードより便利な決済システムが作れます。

GAFAのうちの1社、フェイスブックも仮想通貨「リブラ」を作ると発表して話題になりました。


仮想通貨以外にも投資対象は沢山あります

仮想通貨以外にも投資対象は沢山あります。

他の投資対象を把握した上で、自分に合ったものに投資してください。

私が経験したものでは主に下記のものがあります。

気になったものがあれば、Googleで検索してみてください。

・株取引
・投資信託
・FX
・個人型確定拠出年金(iDeCo)



・株取引

国の法律でガチガチに守られているので安心して取引ができます。

最近は取引手数料の引き下げが進んで、より利益が出やすいように改善されています。

例えばSBI証券だと、1日の約定料金が100万円以下は手数料が無料。

ちなみにPS5で話題のSONYの株価は、約3年間で倍以上に上がっています。

・投資信託

外国株式インデックスファンドがオススメといわれています。

手数料が低いのが魅力。

アメリカの平均株価は、10年単位の長い目で見ればずっと上昇を続けています。

これにNISA講座を組み合わせて節税すれば、さらに利益を上乗せできます。

・FX

世界の通貨を売買して、その価格差で利益を得る取引です。

ドル、ユーロ、ポンド、日本円の4通貨を主に取引すれば、価格変動のリスクを抑えられます。

最大の魅力は所持金の最大25倍の金額で取引できる、レバレッジ取引。

レバレッジを使えば、仮想通貨と同じぐらいハイリスク・ハイリターンになります。

・個人型確定拠出年金(iDeCo)

拠出した金額と運用益が非課税になります。

所得税の節税になるので確実に利益があり、運用益も年間平均で3%近くあるようです。

60歳まで引き出せないデメリットがありますが、

老後の資金を貯めるには良い選択肢ではないでしょうか。


まとめ

仮想通貨関連の詐欺に騙されないように注意してください。

仮想通貨以外にも優良な投資対象は沢山あります。

仮想通貨に固執しないでください。



最後にもうひとつだけ、仮想通貨で不幸になった人の話をします。

2年前の話です。

仲の良かった友人が「ネム」という仮想通貨を1,200万円分購入しました。
そのお金は全て、親や職場の人から借りたものです。

その頃は仮想通貨バブルが終わり、価格が暴落している最中でした。
友人は暴落の後に、また価格が上がると予想したようです。

しかし購入後、たった1年で価格は10分の1に。
借金は1,000万円です。

購入時は意気揚々と仮想通貨について語っていましたが、
途中からその話を拒絶するようになりました。
今は借金を毎月10万円以上返済しているようです。


たとえ大きな借金でも、事業で失敗したなら納得できると思います。

失敗した経験から得るものは多く、今後に活かせるからです。

でも仮想通貨で1,000万円の借金は、さすがに後悔しか残りません。

仮想通貨は、取り返しのつかない過ちを犯す可能性があります。

皆様も気を付けてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です