またペンを病院へ連れて行きました

こんにちは、コウです。

今回は「またペンを病院へ連れて行きました」という話をします。

ペンが激しい下痢です。

ペンの様子がおかしいところから、病院の診察代まで書きました。

猫を飼われている方や、猫好きな方の参考になれば幸いです。

ペンの下痢が激しい

以前からペンは慢性的な下痢でした。

それが最近また激しくなってきたので、病院へ連れて行くことにしました。

10分ぐらいの間に何度もトイレに入って、下痢のウンチをしていたのが決め手です。

最後はもうほとんど出ていないのに、必死にトイレで気張っていました。

もうお尻のまわりはウンチでビチョビチョです。

最近調子が良かったのになんで。


病院へ向かう車内でのペンの様子

相変わらず不安そうに、ニャンニャン鳴いていました。

今回もモカとラテは家でお留守番です。

ペンだけ連れて行ったので、とても寂しかったと思います。

私たちは帰宅するまで、ずっとペンを撫でていました。


病院に到着。診察結果は「体に悪い細菌が多い」

病院にはペンの下痢ウンチを持って行きました。

ウンチの状態を調べてもらった結果は、「体の中にいる悪い細菌が多くなっている」とのことです。

もともと体の中には多くの細菌がいますが、それが何らかの原因によってバランスが崩れて、体に悪影響を及ぼす細菌が多くなっているそうです。

原因は食べ物やストレス、アレルギー等の様々な要因があるので、一概に断定はできないみたいです。


食べ物について考えてみました

ペンは尿石症の治療中なので、最近はオヤツをほとんど与えていません。

(尿石症についてはこちら。「ペンが血尿を出したので病院へ連れて行きました」)

一週間にチュールを一本ぐらいです。

ご飯も治療用の療法食しか食べさせていません。

一緒に生活しているモカとラテは健康です。

うーん、何が原因なんだろう。


尿石症の治療で飲ませていた抗生物質が効いていた

最近までは、ペンのお腹の調子はとても良好でした。

どうやら尿石症の治療用の抗生物質が効いていたみたいです。

それが担当医との話で分かりました。

抗生物質とは「体の中にいる細菌のバランスを整える」薬です。

これがペンのお腹の調子も整えていたようです。


猫のアレルギーを調べる検査は25,000円

もしペンにアレルギーがあって、それが原因で下痢をしている可能性もあります。

その検査は25,000円と少々高い。

しかもその検査する機関は、すでに年末の休みに入っているそうです。

休みならどうしようもありません。

しばらくはご飯一種類のみを食べさせて、様子をみることになりました。


注射をして、抗生物質を二種類もらいました

病院で注射をしてもらい、明日から飲む抗生物質を二種類もらいました。

最近はペンが薬の苦さを覚えたようで、なかなか飲んでくれません。

オヤツに混ぜて食べさせることもできないので、ちょっと大変そうです。


診察代は5,115円でした

ここ2ヶ月ぐらいで、ペンの病院代が30,000円ぐらいかかっています。

頑張って稼がなきゃ。


まとめ

食べ物をご飯だけにして様子をみます。

三匹とも、オヤツをしばらくの間は我慢してもらいます。

担当医からの指示で、また一週間後に病院へ行って診察することになりました。

抗生物質がペンに効くことは分かったので、ひとまずは安心しました。

一難去ってまた一難。

ペンちゃん、これからも一緒に頑張ろうね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です