始めてユイの声を入れて動画を編集した方法

こんにちは、コウです。

今回は、「初めてユイの音声を入れて動画を編集した方法」について話をします。

動画編集に興味がある方の参考になれば幸いです。

この動画を今回作成しました

作成した動画はYou Tubeにアップロードしています。



使用した道具はiPhoneとピンマイクのみ

使用した道具はiPhoneと、1,800円の安いピンマイクのみです。

iPhoneのカメラで撮影した後に、アプリ「ボイスメモ」で音声だけを別に録音しました。

高価なマイクも検討しましたが、今回はとりあえず持っているものだけで行いました。

SONYピンマイク
https://amzn.to/37jAf7F


喋ってみると時間が余る

動画は長さは42秒と短いので、最初は5行ぐらいの言葉を準備していました。

でも実際に喋ってみると半分ぐらい時間が余ります。

何個も文章を足していって、最終的に想定の倍の量の文章を喋ることになりました。

42秒がとても長かったのは予想外です。

(画像の字が汚いのは許してください)


女性の声のほうが落ち着く

用意した言葉を、私とユイの二人で喋ってみました。

その結果は圧倒的にユイのほうが聞きやかったです。

猫動画のような可愛い動画には、女性の声のほうが似合いますね。

落ち着いた内容の動画なら、私の声のほうが合いそうです。

チャンスがあれば私もまた挑戦します。


何回も撮り直しました

初めての挑戦なので、モゴモゴ言ったり、ネチョネチョ言ったり、恥ずかしくて笑ったりしてしました。

いやー、喋るって難しいですね。

普段は全く意識していないことに集中しているので、自分が何を喋っているのか分からなくなります。

結局5回撮り直して、ある程度のところで妥協して投稿することにしました。

この経験を次の動画に活かします。


Macbookのアプリ「iMovie」で編集

iPhoneで撮影した動画と、録音した音声データを重ねました。

最初と最後に映っているテロップも「iMovie」で作成しています。

この作業は10分もあれば終わります。


まとめ

新しいことに挑戦するって楽しい。

今回のことは、ずっと前から考えていました。

なかなか最初の一歩が踏み出せないままでしたが、今回思い切って挑戦してみました。

とても楽しかったので、今後も続けてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です