スシローの「超大切り!寒ぶり」の裏メニュー「ブリトロ」がありえない程お得だった

こんにちは、コウです。

いまスシローは「GoTo超スシロープロジェクト」というキャンペーンを行っています。

その目玉商品の「超大切り!寒ぶり」の裏メニュー「ブリトロ」がめちゃめちゃお得です。

運が良くないと出会えないブリトロ。

私は奇跡的に食べられたので、今回はブリトロについてまとめてみました。

スシロー好きの方の参考になれば幸いです。



GoTo超スシロープロジェクト第一弾

12/2〜12/13までの期間限定キャンペーンで、その後は第二弾、第三弾と続いていくようです。

「ネタとうまさで大大大大大還元」「100円の限界に、挑戦」「限界突破」

スシローの広告には、上記のような胡散臭い言葉が並んでいます。

用心深い私は、これらの言葉を全く信用していませんでした。

でも実際食べてみると、良い意味で期待を裏切られることになります。


「超大切り!寒ぶり」が美味しい

たっぷりと脂がのっていて、口に入れて数回噛むだけですぐに溶けて無くなります。

さらに100円とは思えない大切りで、ボリュームも抜群。

広告の言葉とネーミングに嘘偽りはありませんでした。

この「超大切り!寒ぶり」が私の味覚にクリティカルヒットしてしまい、すでに3回も食べに行っています。


幻の裏メニュー「ブリトロ」

「超大切り!寒ぶり」を始めて食べた日のことです。

あまりの美味しさに興奮した私は、無意識にまとめて3皿注文していました。

その後注文した商品を手に取ると、それは明らかに他の「超大切り!寒ぶり」とは違うものでした。

色は真っ白で、厚さは通常の2倍程あります。

まるで刺し身にする前のブロックの状態です。

予想外のとんでもない光景に衝撃を受けた私は、それを丁寧に口に運びました。


これが100円はありえない

通常の4倍程の大きさのネタにも関わらず、口の中に入れるとそれは一瞬で溶けてなくなりました。

口の中が空になった後も、ほんのり甘い上質な油の余韻が残っています。

もしかしたら、ブリ一匹の旨さが全部そこに集まってたかもしれません。

これが100円は安い、一貫300円ぐらいでも注文します。

スシローはこれを二貫100円で提供するほどの太っ腹です。


また食べたいので店員に訪ねてみた

その後、「超大切り!寒ぶり」を5皿程注文しましたが、「ブリトロ」がくることはありませんでした。

思い切って店員に訪ねてみると、次のような回答をいただきました。

「個別に注文はできないので、タイミングが良ければ食べれます」

人間って不思議ですね。こう言われるとどうしても食べたくなります。

その後は何度注文してもブリトロは来ない

後日2回食べに行って10皿程注文しましたが、タイミングが悪くて「ブリトロ」は来ませんでした。

他の人が注文した「ブリトロ」が、レーンに流れているのは何度も目撃しています。

お持ち帰りで12皿注文しても、一つも入っていませんでした。

うーん、もう一度食べたい。

結局写真にも収めることはできませんでした。残念。

画像は全て通常の「超大切り!寒ぶり」です。



まとめ

ブリトロはかなりお得です。でもタイミングが良くないと食べれません。

スシローって商売上手ですね。

こういうところでも集客効果を発揮させています。

「超大切り!寒ぶり」は12月13日までの期間限定ですので、今週末にでも食べに行ってみてはいかがでしょうか。

そして私の代わりに「ブリトロ」の写真を撮ってきてください。

ちなみにキャンペーン第二弾は「超大切り!真鯛」です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です