在宅ワーカーが生産性を高めたデスク周りの6つのポイントその③

こんにちは、コウです。

前回引き続き、今回も現在フリーランス4年目の在宅ワーカーとして働いている、私のデスク周りを紹介します。


今回は「③デスクを映画館にした」を解説します。

(第2回の「②デスクを本屋にした」はこちらをクリック。
(第1回の「①デスクからボールペンとメモ紙を処分した」はこちらをクリック。


この記事を読めば、あなたの部屋も映画館になります。



要点だけ知りたい方は下記の「目次」から、気になる箇所をクリックして読んでください。

デスクを映画館にした方法

ポイントは3つ。

・3つの動画配信サービスを使い分ける。

・画面の大きさは関係ない。大事なのは映像が綺麗に映るモニター。

・サウンドバーとウーファーで音に包まれて、映画館にいるような迫力を味わう。

私は映画が大好きです。

デスクのPCで2日に1本ぐらいのペースで映画を観ています。

デスクを映画館にした理由は、

映画館に行く時間を節約したかったからです。

節約した時間で、より多くの映画を見れるようになりました。


複数の動画配信サービスを使い分け

私は3つの動画配信サービスを利用しています。

3つとも取り扱っている作品が違うので、観ているジャンルを簡単に説明します

1、Netflix
・映画全般
・ネットフリックスオリジナル作品

2、Disney+
・ディズニー作品
・マーベル作品
・スターウォーズ作品

3、Amazon prime video
・お笑い番組
・100円セールの映画


過去にU-NEXTを使っていた時期もありますが、独自のポイントシステムが馴染めなくて解約しました。

動画を効率的に観るためのオススメ設定は2つ

1.5倍速で再生

効率良く映画を観るために倍速再生します。

2倍速以上にすると映像の「間」が楽しめなくなるので、1.5倍速がちょうど良い設定です。

日本語字幕表示と日本語吹き替えの2つ同時設定

映画は「字幕」と「吹き替え」のセリフが異なります。

この設定をすると、字幕と吹き替えの2種類の日本語が同時に頭に入ってきます。

映画の字幕で「あれ?何言ってるんだろう?」って言葉足らずで理解できないことありませんか?

それが字幕と吹き替えの両方を使って解釈できます。

この2つの設定で効率的に映画が観れます。


映画館に大画面は必要ない

私が使っているモニターはこれです。


【Amazon.co.jp 限定】Dell 4Kモニター 27インチ U2720QM(3年間無輝点交換保証付/広視野角/HDR/IPS非光沢/フリッカーフリー/USB Type-C,DP,HDMI/高さ調整/回転)


簡単に説明すると、

映画が綺麗な画質で観れます


映画を楽しむために必要なのは綺麗な映像です。

「大きな画面で迫力のある映画を観る」なんて的外れ。

画面の大きさと映画の面白さは比例しません


我が家には50インチのモニターもあります。



27インチと50インチのモニター、2つを比べてもほとんど迫力は変わりません。

映画館で1番人気の座席の場所が「真ん中からちょっと後ろ」のように、大きな画面でも結局離れて観るんですよ。

今流行りのヘッドマウントディスプレイも、小さな画面を目の前で観るシステムです。

大事なのは「音」です


音に包まれる感覚、まさに映画館

デスクには大きめのサウンドバーとサブウーファーを設置。


ヤマハ サウンドバー Alexa搭載 HDMI DTS Virtual:X Bluetooth対応 YAS-209(B)


これで聴くと音に包まれて、まるで映画館にいるような迫力を味わえます。

YASー209のオススメポイント

・サウンドバーが横に長いので、正面全体から音が聴こえてくる。

・サブウーファーをサウンドバーと逆の場所に置くと音に包まれる。

・製造メーカーは世界のYAMAHA、性能は折り紙付き。

・複数のスピーカーが内蔵されているので、細かい音が聴き分けられる。

・見た目がシンプルでカッコイイ。

・ Bluetoothが搭載されていて、汎用性が高い。

・人気商品なのでリセールバリューが良い。


デスクの左側位置いてあるのはMacBookです。

実はMacBookに内蔵されているスピーカーの方が、バランスが良くて音自体は綺麗に聴こえます。

でもMacBookはスピーカーの「点」から音が聴こえてきて、イマイチ迫力がありません。

それに比べてYAS-209は、360度の全てから音が聴こえてくるので迫力があります。

映画の魅力を引き立てる迫力のある音を楽しみたいなら、YAS-209がオススメです。

おまけにAmazonのアレクサを搭載しています。


まとめ

「デスクを映画館にした」ポイントは3つ。

・3つの動画配信サービスを使い分ける。
NetflixDisney+Amazon prime videoの3つ。

・大きさは関係ない。大事なのは映像が綺麗に映るモニター。
→モニター U2720QM

・サウンドバーとウーファーで音に包まれて、映画館にいるような迫力を味わう。
→サウンドバー YAS-209


それぞれ人気サービスと人気商品なので、YouTubeで検索すると多くの紹介動画が出てきます。

映画好きな方はこのブログと一緒に、是非参考にされてみてください。



次回は「④デスクをスポーツジムにした」をお届けします。

近いうちに「少し視点を変えたオススメの映画5選」も書きます。

(前回の「②デスクを本屋にした」はこちらをクリック。
(初回の「①デスクからボールペンとメモ紙を処分した」はこちらをクリック。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です